クラスタリング(冗長化構成)

UTMは社内/社外ネットワークの境界に設置するネットワーク機器の役目も果たしています。
UTMが機能不全になると社外ネットワークとの通信が正常に行えなくなります。
そして、UTMは物理機器であるため、一定の確率で故障する可能性があります。

故障時にも業務影響を出さないための対策として、WatchGuard Fireboxのクラスタリング機能をご紹介致します。

 

アクティブ/スタンバイ構成

構成イメージ

シングル構成からの移行に必要なもの

・Firebox T30以上のモデルであること
・同一Fireboxモデルの2台目を用意
・Live Securityライセンスの適用

 

メリット

Firebox機能の冗長性が増加します。

 

費用

【同一Fireboxモデルの2台目】
・Firebox T30、T50モデルの場合
通常価格

・Firebox T70以上、Mシリーズ、XTMシリーズの場合
割引対象です。
詳細な金額は要お見積もり。

【Live Securityライセンス】
・Basic/Total Security Suiteを既に適用している場合
Live Securityライセンスも含まれており、追加不要です。

・個別に単体ライセンスを適用している場合
Live Securityライセンスが適用されていない場合は追加購入が必要です。
詳細な金額は要お見積もり。

 

サポート

弊社では、上記クラスタリング構成の構築サポートを含むManaged Security Serviceを行っております。
詳細はこちら