Check Point 700 アプライアンス

概要

Check Point 700アプライアンス

ファイアウォールやVPN、アンチウイルス、アプリケーションの可視化と制御、URLフィルタリング、電子メール・セキュリティなどのセキュリティ機能をコンパクトなデスクトップ型の筐体に統合した高パフォーマンスなデバイスで、設定や管理も容易に行えます。

UTMは、その多機能さ故に、複雑で、専門的な知識が必要な場面もあるので、適切な管理ができないケースに陥りがちです。
Check Point社のUTMは、容易に導入、運用できるよう設計された直感的なブラウザベースの管理ツールが特徴です。
そのため、容易に取り扱い可能なシンプルな設計となっています。また、Wi-Fi機能も標準搭載されています。
電源に差し込んで、わずか数分で使用することができます。

ネットワーク担当者やセキュリティ担当者不在の事業所でも使えるように設計されているポイントは、SOHOや小規模オフィスのニーズにこたえるUTMです。


セキュリティ機能

Check Pointは、以下のセキュリティ機能を提供しています。

ソリューション 機能・特長
IPS ファイアウォールを補完する様々な侵入防御機能を搭載。
外部のマルウェアやワームの動きを検出し防御。
大量パケットの送付(DoS,DDoS)を遮断。
など
アンチウィルス CheckPoint社のマルウェア対策機関ThreatCloudは、リアルタイムに脅威情報を更新し続け、450万件以上のマルウェアと、30万件以上の不正サイトを検出可能。
アプリケーション制御 7,000を超える、アプリケーションの通信や、約30万以上のWebアプリ(メッセンジャーアプリ/SNS/ビデオ配信/IP電話/ゲーム)の通信を判別。
カテゴリ指定で個別にファイアーウォールルール設定が可能。
URLフィルタリング 2億以上のWebサイトへのアクセスを、リアルタイムで、許可、禁止、制限。
SSL保護下(https)サイトも判別対象。
アンチボット 独自の仕組みで事業所内に存在するボット感染した端末を検出
アンチスパム スパムやマルウェアを送信した実績のあるメール送信元IPアドレスを全世界で共有し、チェック。
ホワイトリスト/ブラックリスト登録が可能。
Threat Emulation(サンドボックス)
※NGTXライセンスのみ
Web上にあるCheck Point社のクラウド脅威情報基盤であるThreatCloudにファイルを検査。ファイル内のCPUレベルの命令を精査し一般的なサンドボックスを回避しようとするマルウェアを逃さずに防御。

 

基本保守


基本保守として、弊社リモートサポートが付帯しています。

対応内容

  • 設定変更やそれに伴うトラブルの切り分け
  • 故障診断・先出センドバック手配
  • ファームウェアアップデート

    対応時間

平日9:00-17:00
※15時以降は翌営業日から対応となります。

お問い合わせ方法

メールもしくは電話

ライセンス(製品構成)


CheckPoint社では、以下の2つのライセンスでセキュリティ機能をバンドルしてご提供しています。
2つのプランを1年、3年、5年からお選びいただけます。

  • NGTPライセンス バンドル(NGTP:Next Generation Threat Prevention 次世代脅威防御)

標的型攻撃や、マルウェアによる攻撃を防ぎ、Webサイトやネットワークアプリケーションの制御機能など様々な脅威に対策できるライセンス。

  • NGTXライセンス バンドル(NGTX:Next Generation Threat Extraction 次世代脅威無害化)

NGTPライセンスにサンドボックス機能を追加。

※対応ファームウェアであれば、NGTPからサンドボックス機能を含むNGTXライセンスへアップグレードすることも可能です。費用は、ライセンスの残期間によりますので、都度お見積りとなります。

CheckPoint 730
商品(機器本体 + ライセンス + 基本保守込み) 参考価格(税抜)
NGTP 3年間ライセンス ¥288,000-
NGTX 3年間ライセンス ¥310,000-
CheckPoint 730-W(WiFiモデル)
商品(機器本体 + ライセンス + 基本保守込み) 参考価格(税抜)
NGTP 3年間ライセンス ¥340,000-
NGTX 3年間ライセンス ¥378,000-

※オンサイト保守はお取り扱いしておりません。

納期

納品まで約3~5営業日(9/11現在)

製品比較ページ